チャリで攻めるブログ

-ユーラシア大陸横断へ-

166日目 中国:肇庆 → 深圳

f:id:rehutitake:20171231045311j:image

宿のご家族に挨拶を済ませ、広州に向けて出発。

広州まではほとんど一本道でそこまで遠くもありません。

そして広州には中国で唯一、ここだけはとりあえず行っておこうと決めていた場所があります。

 

f:id:rehutitake:20171231045548j:image

f:id:rehutitake:20171231045610j:image

広州市の一つ手前、佛山市に突入。 

ビルがわらわらと現れはじめて道路も都会の雰囲気を纏うようになってきます。

こういう都会に入ると困るのが路線バスの対処で、自転車乗る人なら絶対に共感してくれると思います。

バス停の横通るたびにバスが無理矢理寄せてきたり、止まってるバスを追い抜こうとしたらバスの発車とタイミングが被ってあぁんもうってなったり。

逆にバスの運ちゃんは絶対サイクリストのこと嫌ってると思います。犬猿の仲です。

 

f:id:rehutitake:20171231052053j:image

f:id:rehutitake:20171231050707j:image

そして無事に広州に入りました。

ここもう首都でよくね?ってくらい都会。

信号と車と高層ビルだらけ。

 

f:id:rehutitake:20171231050841j:image

f:id:rehutitake:20171231050859j:image

セブンもファミマもそこら中にあるし、 

 

f:id:rehutitake:20171231051034j:image

街行く人々のオシャレ率が急激に高まってめちゃくちゃ居心地悪くなりました。

自分はというと下はアディダスのスウェット(なぜか二本線)で上はヒートテックにダルッダルのTシャツを重ね着、おまけに履き物はサンダルです。

唯一のオシャレポイントと言えるのが自転車用の指なし手袋。若干汗の匂いが染み付いてる。

モード系のファッションと言えばそうなのかもしれません。言ったもん勝ちです。

 

f:id:rehutitake:20171231052220j:image

f:id:rehutitake:20171231052241j:image

そしてこちらがその来たかった場所です。

広州天河体育中心体育場。

アジアトップレベルのサッカーチーム、広州恒大のホームスタジアムなのは言うまでもないです。

スタジアムの前は広場になっていて、市民がサイクリングや凧揚げをして楽しんでいました。

 

f:id:rehutitake:20171231052825j:image

せっかく来たので何かチームのオフィシャルグッズを買おうと思ってたんですけど、ファンショップは閉まってました。

試合の日にしか開かないタイプなのかな。

 

f:id:rehutitake:20171231112217j:image

スタジアムのそばで謎の標識発見。

「車の上で焚き火するな」の標識でしょうか。

真相は未だに謎ですが、こういうことをする人がいるから禁止されているって考えるとちょっと怖くなって来ました。

幸いそういう人は見かけなかったけども。

 

f:id:rehutitake:20171231111126j:image

その後は広州タワーと呼ばれるものを遠くから眺めて、

 

f:id:rehutitake:20171231111246j:image

いろいろと見て回ったのであっという間に夜になっちゃいました。

"この街に無い物は無い"と思われた広州ですが、一つだけ無い物があります。

それは野宿場所です。

どこもかしこもビッカビカに光ってるし、程よい廃墟も広場も道路沿いにはなかなか見つかりません。

都会だからと言って宿に泊まっちゃうのはなんか負けな気がしたので執念で野宿場所を探します。

 

f:id:rehutitake:20171231111523j:image

高速道路のICが何個か集まっている隙間のようなところで無理矢理決行。

一見無謀に見えますが、車通りは多いものの人気は無いし地面はふかふかだしで星5レベルの寝心地でした。

 

f:id:rehutitake:20171231112049j:image

朝、片付けをしようとしてたところをおっちゃんに見つかる。

タバコ分けてくれて、ちょっと喋った結果悪い人ではなさそうだったので一安心。

前の日に買っておいた油条を半分こして一緒に朝ごはんを食べました。

会話はぎこちなかったけど、なんだかすごく友達って感じがしてほんわかしました。

誰かと一緒にご飯食べるってすごく幸せなことだと思います。

 

f:id:rehutitake:20171231113223j:image

f:id:rehutitake:20171231113234j:image

笑顔でバイバイして、向かうは深圳市。

香港の一つ手前の街です。

ひたすら都市部のエリアが続きます。

走りづらい。

 

f:id:rehutitake:20171231113624j:image

どっちだよ。

 

f:id:rehutitake:20171231113658j:image

たまに現れるこういうプチ緑のカーテンが気持ち良い。

そういえばこの日はクリスマスイブでした。

街中とかはクリスマスムードが漂ってるけど、どこもかしこもクリスマス一色という感じでは無かったので割りかし過ごしやすかったです。精神的に。

 

f:id:rehutitake:20171231114105j:image

というわけで深圳に入りました。

前もって泊まろうと決めていたユースホステルの候補がいくつかあったので探して回ります。

が、ここからが長かった。

 

f:id:rehutitake:20171231114254j:image

f:id:rehutitake:20171231114348j:image

まず、その住所に行ってもユースホステルが見当たらない。

ビルの20階まで上っては普通の一般家庭しか入ってなかったり、そもそも住所に建物自体がなかったりとか。

そうしてるうちに辺りが暗くなって来て、

 

f:id:rehutitake:20171231114756j:image

すっかり夜になってしまいました。

ユースホステルは諦めて普通の宿を探します。

市内中心部を走り回って20件くらい見て回ったけど、どこも高かったりクリスマスのせいか部屋が空いてなかったりでもう散々。

クリスマスイブにおれは何してんだよ…と若干自暴自棄に。

 

f:id:rehutitake:20171231114942j:image

クリスマスの装飾がクタクタになった心に突き刺さる。。

 

f:id:rehutitake:20171231115132j:image

途中で見つけたこの宿でなんとかモチベーションを持ち直します。

なんとも美しい響き。

ここには泊まってないけど、一泊88元(1500円くらい)の宿を見つけて、そこがこのエリアの最安値だろうと踏んで結局そこに泊まりました。

ビザの期間調整のために深圳には2泊。

 

f:id:rehutitake:20171231115459j:image

夜は市街に繰り出してひとりクリスマスパーティ。

超寂しそうな響きだけど、この旅を通してこれまで独りじゃない時間の方が圧倒的に少なかったのであんまり寂しさは無かったです。

むしろ美味しいもん食ってビール飲んでなかなか充実してました。

 

f:id:rehutitake:20171231120239j:image

リアルタイムでは今日は大晦日ですね。

今年1年、半分くらいは自転車を漕いでたわけなんですけども、なんとも素晴らしい1年でした。

旅も残りわずか、存分に楽しんで突き進んでいきたいと思います。

今年1年間本当にありがとうございました、来年もよろしくお願いします。

ブログの記事は恐らく次くらいでリアルタイムに追いつくと思います。

 

走行距離:

90km

125km

 

f:id:rehutitake:20171231115022j:image