チャリで攻めるブログ

-ユーラシア大陸横断へ-

ベトナム・ハノイでの中国ビザ取得

f:id:rehutitake:20171222102225j:image

「ハノイ 中国ビザ」のようなワードで検索をかけてこのページに飛んで来た方もいらっしゃるかと思います。

結論から言うと私、在ハノイ中国大使館に3日連続で突撃したあげく、中国ビザ取得には至りませんでした。

 

"この悔しさは他の誰にも味わって欲しくない" という強い思いで、自分の失敗経験を踏まえてビザ取得に際して気をつける事についてまとめていきます。

需要があるかはわかりませんが、少しでも誰かの役に立てれば幸いです。

 

以下はビザ取得に際して参考にさせて頂いたブログです。

大使館の場所や取得への詳しい流れなどはこちらを参考にしてみてください。

ノーザンライトの流浪旅

NOMADASAURUS

___________

挫折への軌跡

f:id:rehutitake:20171222102307j:image

1日目

朝9:30ごろ大使館に到着、そこには長蛇の列が。

閉館時間(AM11:00)になっても列は進まず、そのまま入館が締め切られてあえなく失敗。

一同大ブーイング。

 

2日目

開館時間(AM8:30)前に大使館に到着、それでもすでに結構な行列が。

なんとか無事に入館はでき、そこからまたやたら待たされて自分の番号が呼ばれる。

必要書類(後述)を提出、チェックをしてもらったあと、全て英語かベトナム語の書類で揃えて出直してこいと言われる。

(※中国国内のホテル予約表中国出国のフェリーの予約表を、日本語のものを提出してしまったため)

その時すでに11時すぎ、泣きそうになりながら宿に戻る。

 

3日目

英語の必要書類の準備も完璧、満を辞して入館。

館内ではまたやたら待たされたものの、自分の番号が呼ばれて書類を提出。

自転車での陸路入国のため、中国入国用の飛行機のチケットがない旨を伝えると、「この紙にチケットがない理由を書いて」と適当な裏紙を渡される。

館内の隅の方で書いていると閉館時間になり、警備員に追い出される。

説明しても聞く耳を持たず、さすがにキレる。

対応してくれたスタッフに助けを求めたものの、説明してくれるどころか「ざまぁみやがれ」的な顔で追い払われた。

なんかもう呆れたので諦めることにした。そばにいた欧米人2人が慰めてくれた。

 

結論

①早起きして大使館に向かえ

f:id:rehutitake:20171222102345j:image

在ハノイ中国大使館の開館時間は、写真の通りAM8:30-11:00です。

PM15:00-16:30も開館してるようですが、午後はビザの受け渡し業務のみで申請業務は行ってません。

 

f:id:rehutitake:20171222102420j:image

開館30分前の朝8時に到着してもすでにこのくらいの行列が出来ていました。

外で1時間半くらい並んで、大使館の中でも30分は待たされるので、待つのが嫌な人は早起きしてなるべく早く大使館に到着するのがベターだと思います。

 

②必要書類は全て英語(orベトナム語)のものを用意せよ

f:id:rehutitake:20171222102455j:image

観光ビザに関して、大使館外の掲示に書かれていた必要書類は写真の通り4つです。

(※Invitation letterは持っている人のみでOK)

が、上のブログでも書かれているように、他の書類も要求されます。

必要書類

・中国国内で泊まるホテルの予約表

・中国入国用&出国用の飛行機の予約表、E-チケット

・海外旅行保険の加入証明書

・ビザ申請用紙(大使館で記入)

・パスポートの個人情報ページのコピー1枚

・パスポートのベトナムビザ(orノービザでベトナムに滞在している場合はベトナムスタンプ)のページのコピー1枚

・パスポートサイズの個人写真2枚

(周りを見た感じ写真サイズは人それぞれだった。1枚はビザ申請用紙に、もう1枚はなぜかパスポートにホチキスで留められる。)

 

繰り返しますが、以上の書類はもれなく英語orベトナム語のものを揃えてください。

日本語のものを出しちゃうと、読めねえ!つってスタッフに弾かれます。マジでこんな態度です。

(裏話:何カ国も移動するバックパッカーなどにとっては割と有名な手口かもしれませんが、ホテルや飛行機の予約表なんかは結構簡単に偽造?出来ちゃいます。キャンセル無料の宿や後払い可能な航空会社を探して、予約完了後に予約表を印刷→キャンセルするor支払いをしない というものです。

空港のチェックイン時やアライバルビザを取得する際にも出国用の飛行機の予約表の提示を要求される場合があるので、そんな時にも使えます。自分も今まで実際に何度かお世話になった手口ですが、チャレンジする際はくれぐれも自己責任でお願いします。

 

③スタッフ、警備員は味方じゃない

f:id:rehutitake:20171222102608j:image

めちゃくちゃ待たされた上に、スタッフも警備員も態度は悪いしやたら高圧的だしで本当に腹が立ちます。

これは決して自分だけじゃ無いです。

実際、上にも書いたように1日目の外に並んでた人たちは自分も含めてみんな大ブーイングだったし、館内でもスタッフにいびられたのかカウンターの前で泣き出す女の子がいたり、スタッフとバッチバチに言い争いをおっぱじめる人がいたり、なかなかカオスな状況でした。

お客さん同士に謎の仲間意識と一体感が生まれるので今思うとそれはそれで面白かったです。

 

スタッフも警備員も、1日に何人も相手して嫌気がさしているんでしょう。

冷静になってみると気持ちはわからなくもないです。たしかに自分でもこの仕事には就きたくないなって思います。お客さんに散々文句とか言われるの嫌だし。

でも一応向こうも仕事なので、わからないことがあれば質問すれば答えてくれます。すごくめんどくさそうに。

 

最後に

先に紹介したブログと併せてこの記事を参考にしていただければ、きっと無事にハノイでの中国ビザ取得は成功するかと思います。

どうか何事もなくビザをゲットして欲しい、自分の二の舞にはならないで欲しい、ただその一心です。

 

なにがご不明な点や質問などがあればコメントしていただければと思います。

答えられる範囲でお答え致します。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

f:id:rehutitake:20171222102645j:image