チャリで攻めるブログ

-ユーラシア大陸横断へ-

9日目 ドイツ:トリーア → ボン

f:id:rehutitake:20170724201203j:image

 

トリーアでの2泊を終え、重い腰を上げて出発。

漕ぎ始めたのが結局15時とかだったけど。

恵まれた環境に身を置きすぎるとダメですね。

贅沢をするために日本を出たんじゃないだろ俺は!と自分に言い聞かせる。

 

f:id:rehutitake:20170724201233j:image

 

トリーアを出てからはほとんど人気のほとんどない上りの山道でした。

それもゆるーい傾斜の山道がひたすら続くタイプのやつ。

2日間ゆっくり休めたことと、ずっと自転車専用道だったのでそんなに苦ではなかった。

スタートしてから初のトンネルです。夜だったらめちゃくちゃ怖いんだろうなー。

 

f:id:rehutitake:20170724201323j:image

 

ガッツリ道にも迷いました。

MTBで走るようなデコボコ道になった時点であれっと思った。

開けた場所に出て、どこにも道ねえじゃん!!GPSしっかりしてくれよ!と30分ほどウロウロ。

結果的には、草をかき分けて進んだ先のこのちょっとした木と木の間が正解。

足がズッタズタになりながらも覚悟を決めて進みます。

f:id:rehutitake:20170724201348j:image

 

んでもって日も暮れてきたのでそこらへんの草っぱらで野宿。

若干斜面になってて絶妙に寝づらかった。

f:id:rehutitake:20170724201423j:image

 

f:id:rehutitake:20170724201500j:image

 

次の日も相変わらず山っっ。

でも前日と一変、下りがほとんどだったのでラッキー。

天気も良かったし、最高に気持ちよっす。

 

f:id:rehutitake:20170724201535j:image

 

田舎道にポツンとあったレストランで昼食。ピザとスウィーティなノンアルビール。

マスターのおじさんがすごくいい人でした。下手くそ英語での日本の話を興味深そうに聞いてくれます。

 

ドイツにおける(フランスもだけど)ピッツェリアとケバブ屋の多さは異常です。

ピザとケバブに関して困ることは何もありません、安いし。

ただ、もうすでにお米が恋しい。

 

f:id:rehutitake:20170724201631j:image

f:id:rehutitake:20170724201642j:image

 

あとは特におもしろいこともなく、無事Bonn(ボン)に到着です。

金曜日ってこともあってか賑わっていました。

 

f:id:rehutitake:20170724201734j:image

 

ボンはかの有名なベートーヴェンの生まれ故郷と、モーランが教えてくれました。

街の中心部に像が立っています。超逆光。

ベートーヴェンハウスというのが有名な観光名所らしいけど、マックでブログ書いてたりのんびりビール飲んだりしてたら日暮れてきたので行くのあきらめました。やっちまった。

 

f:id:rehutitake:20170724201813j:image

 

あとはボン、グミのHARIBOの聖地みたいです。これもモーラン情報。

創業者の名前とBonnの頭文字をとってHARIBOなんだって。

たしか日本じゃ結構高いですよね、買ってないのでドイツの値段もわかんね。

 

f:id:rehutitake:20170724201836j:image

 

広場ではヤングなピーポーたちがそれぞれ自分の好きな音楽とかを流しつつお酒飲んで騒いでました。写真みえねえ!

いいなーとか思いつつ脇をスーッと通り過ぎます。

絡まれたらどうしようって気持ちもちょっとあった。

 

ボンけっこう大きい街だったのに普通にスルーしてきました。

観光地をスルーする勇気ってのもあると思います。

今回の記事は内容薄かったけど、次の日は個人的にめちゃくちゃ濃い1日になりました。

はやくブログ書きたい!

 

走行距離:

80km

103km

 

f:id:rehutitake:20170724201902j:image

 

にほんブログ村 旅行ブログ 学生トラベラーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村