チャリで攻めるブログ

-ユーラシア大陸横断へ-

自転車の洗車なら俺に任せろ

 

どーも、タケシです。

こないだの輪行編でさんざん気になったこと

 

f:id:rehutitake:20170217180654j:plain

 

f:id:rehutitake:20170217180910j:plain

 

俺のチャリが汚すぎる…

 

ということでガッツリ洗車しました。

道具や手順を紹介していきます。

 

 

 

 

必要な道具

f:id:rehutitake:20170217173748j:plain

 

○軍手

○ブラシ

→歯ブラシやら適当なものでok

 

WAKO'S(ワコーズ) フォーミングマルチクリーナー

amazonで購入しました。

特長としては

・素材に優しく、自転車だけでなく家具、ガラスなどにも使える

・油膜や油汚れ、たばこのヤニなどに抜群の効果 

・環境にやさしい

・水ですすぐ必要がない

という点が挙げられます。

何にでも使用できて、水要らずなところが決め手でした!!

 

 

→雑巾とか手ごろなものがなかったので着古したTシャツを使用しました。エコですね。

 ちなみにタイトルの「俺」はこのTシャツ視点です。

 

 

手順

下拭き

まずは細かい砂ぼこりや汚れを落としていくように下拭き、細かいところはブラッシングしていきます。

 

スプロケットやディレイラーについた粘っこいオイル汚れは…?

ただ拭いたりブラッシングしても取れないような、

オイルと砂埃が混じったような固まりの汚れはマイナスドライバーと布を駆使しました。

f:id:rehutitake:20170217182424j:plain

 

これを

 

f:id:rehutitake:20170217182520j:plain

 

こうやって当てがって、ペダルを回してあげると

 

f:id:rehutitake:20170217182631j:plain

 

ドライバーに沿って汚い固まりがヌュヌュヌュッと取れて楽しかったです。

下拭きの段階であらかじめとっておいたほうが無難ですね。

 

フォーミングマルチクリーナー

そして先ほど紹介したフォーミングマルチクリーナーの出番です。

こいつを車体にまんべんなくぶっかけていきます。

 

f:id:rehutitake:20170217181528j:plain

 

リムやブレーキディスクにもお構いなしにぶっかけます。

 

f:id:rehutitake:20170217181834j:plain

 

スプロケやディレイラーなんかにはもう嘘だろってくらいぶっかけます。

 

吹き上げ

最終段階です。

先ほどアワアワにした車体を布で拭き上げていきます。

泡が乾く前に吹き上げすることが重要です!

 

あとは注意点としては、

車体全体に泡をぶっかけてから吹き上げてしまうと、最初に吹き付けた部分の泡が乾いてしまっていました。

なので、車体を3分の1くらいに分けて

ぶっかけ→吹き上げ→ぶっかけ→吹き上げ→ぶっかけ→吹き上げ

のようにするとよいかもしれません。

 

仕上がり

驚くほど車体がピッカピカになりました!!

と思いきや最後の段階の写真撮り忘れてた!!

BEFORE→AFTERの写真で締めようと思ってたのに…

ブログ上手に書くのって難しいですね。

 

ただ、汚れを落としまくってぼろきれと化したTシャツの写真は撮ってたので、この写真で今回はお別れとしましょう。ありがとうTシャツ…グッバイ…

 

f:id:rehutitake:20170217183834j:plain

 

にほんブログ村 旅行ブログ 学生トラベラーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村